野中真理子について

東京生まれ。テレビ番組制作会社テレコム・スタッフ入社。ディレクターとしてテレビ番組の企画、撮影、編集、ナレーション書きに明け暮れる。9年後、フリーランスとなり活動の場を広げ、多数のドキュメンタリー番組をつくり続ける。2001年 映画「こどもの時間」(監督・脚本・編集)を完成させる。2004年 映画「トントンギコギコ図工の時間」(監督・脚本・編集・制作)を完成させる。サラリーマンの夫と一男一女と盲目のトラ猫と東京・三鷹暮らし。